誰でも簡単に横断幕と懸垂幕を作製する方法を説明します

屋外、またはイベント会場などでよく利用されている横断幕や懸垂幕は、どちらも掲げることで特別感や華やかさを演出することができるので、お店の宣伝や広告としても広く活用されています。一見、どちらも似たようなものでその違いを知らない人も多いですが、横断幕は横に長い布に文字などを記載してその記載した内容を周囲に知らせるためのもの、懸垂幕は縦に長い布に横断幕同様文字を記載して使うもののことで、横断幕と懸垂幕の違いは横に長いか、縦に長いかだけか、使われる方向によって名前が違うだけで、使用される素材などに違いはありません。また、どちらも紐で簡単に取り付けられ、風に吹かれてもなびかないのも特徴の一つで、横断幕と懸垂幕の両方を併用して活用することで、より強調して周囲にアピールすることもできます。

作製前に注意しておいた方が良い点

大きくて見た目にも目立つ横断幕や懸垂幕は宣伝効果の高いアイテムで、お店の宣伝のほか、スポーツなどの応援の際にも広く使われており、最近では、一般の人もインターネット等で気軽にオーダーメードで制作することができるようになっています。しかし、横断幕や懸垂幕を作製する際には、目的や用途を事前にしっかり決めておくことが大切で、使用する生地やインク、塗料、デザインの仕様も使用場所を十分に考慮した上で決めることが大事になってきます。特に生地選びは重要で、屋外で使用する場合は防水機能に優れた破れにくいものを選ぶ必要があります。また、屋外で使用する場合は燃えにくい素材の生地を使用することも大切で、屋外で使用する横断幕や懸垂幕を作製する場合にはターポリンというビニール系合成樹脂でコーティングされている防水・防火に優れたものを選ぶようにしましょう。

横断幕や懸垂幕を自分で作製する方法

横断幕や懸垂幕は作製費用も安く、作製方法の手順さえ押さえれば初心者でも簡単に作製することができます。まず、横断幕や懸垂幕を作製するにあたって重要なのが、横断幕や懸垂幕の大きさです。屋内で使用するのか、屋外で使用するのかによって最適な大きさは異なるため、用途や目的に合わせて大きさを決めていきます。次に重要になってくるのがデザインです。文字の大きさや色遣いも横断幕や懸垂幕を作製する場合にはとても重要なポイントとなってきます。そのため、デザインを作製する際はデザインが完成したら原寸大に拡大して印刷しイメージを確認することも大切です。そして、デザインが完成したら生地にデザインを写し、色を塗ります。着色が完了したら紐を通すためのハトメを生地の四隅に付け、紐を通せば完成です。デザインさえ完成すれば意外と簡単に作ることができるので、運動会や部活などの応援に手作りしてみるのもいいかもしれません。