横断幕と懸垂幕の使用方法についてまとめました

横断幕も懸垂幕も一枚の布に情報を描き、遠くからでも目立つようにしている大きな布のポスターのようなものです。もちろん一般的なポスターのように大量の情報が書かれているわけではないですが、最も言いたいことをシンプルに表している広告です。横断幕は横に長く、懸垂幕は縦に長いもので、懸垂幕は垂れ幕とも言われます。どちらもハトメ加工という太いひもを通すことができる加工がされており、ひもで縛りつけておけますから、取り外しも楽ですし、風に吹かれても台風クラスでない限り、しっかりとめておけば飛んでいくことはほとんどなく、片付けも折りたためるためコンパクトになります。また大型の看板や塗装より安価ですし、例えば同じキャンペーンを何度も行うのであれば、何度でも使用することができ経済的です。

横断幕や懸垂幕は広告以外にも使う事ができる

横断幕、懸垂幕と似ているけれど違うもののとして、のぼりやバナーがあります。のぼりは旗の一種で、バナーも旗のようなものですが、固定方法が違い、ポールなどで支えているもの旗をのぼりやバナーと言いますが、明確な境界線があるのかは素人目からはあいまいに見えます。会社によっては懸垂幕バナーという商品もあるくらいですので、どのようなものを作ることがお効果的な宣伝になるのかは、会社や業者の方とよく打ち合わせをする必要があります。何度も繰り返し使用でき、大きく目立つものですから、長い期間使用する、もしくは何度も使用する案内を作成するものに向いています。これは商用での利用だけではなく、例えば応援のためのものでも可能です。よくサッカー場や野球場など広い場所で行われる競技の応援席で使われているのを見ると思います。

横断幕や懸垂幕のデザインは自由です

横断幕や懸垂幕はひもで固定する物ですから危険さえなければ、使う場所は問わない、持ち歩き可能の看板です。壁に固定しても、店の前にくくりつけても良いものです。工夫次第では可能性が広がります。また基本的には、あまり多くの情報を載せるものではありませんが、地面に近い場所に飾るのであれば、近くで見ることも可能ですから、文字もある程度は大きさのシバリはなくなりますので、あとは幕の大きさ次第でデザインも自由自在です。定番のデザインになれば、デザイン料に関しては無料にしてもらえる業者もあります。また生地や質感を選ぶこともできますから、丈夫なものや、雰囲気に合うもの、メッシュにして風を逃がすものなど、色々な工夫をすることも可能です。ぜひ自分たちの要望に合った業者を探し、宣伝の演出にしてほしいです。